新年は新サービスから!物語りを始めたい!

From:臨床共育メンター 齋藤 信

皆さん、2018年ですね。
改めて、本年もよろしくお願い致します。

実は今年は例年行ってきた誕生日セミナーもせず、一人思索を巡らしておりました。

そこで至ったのは、僕自身が公私合わせて最も時間をかけてきたものは何か……

それは「物語り」である事に思い至りました。

毎年原点回帰とか言ってきましたが、原点も原点。
僕自身が作業療法士になろうとした学生時代も、資格を得てからも常に心の片隅にあったこと。

それが「物語り」なのです。

 

物語り=Narrative

既にご存知の方もいるでしょうが、EBM(根拠に基づいた医療)からNBM(患者との物語りと対話に基づく医療)として、物語り=Narrativeが重視され始めました。

もともと様々な物語が好きで、映画、小説、漫画と様々なものに触れてきました。それをもっと活かせるのではないか……そう思い至ったのです。

 

物語りは共育と共有できる

そして昨年から本格的に形にしていこうと動いている「共育」。
共育の一つの手段として物語りは必須になっていく!それを伝えられるのは、僕だけ!

媒体はエンタメプレゼン®でも、講義スタイルでも、文章でもなんでもアリ!

全ては臨床現場の恐育を共育にCHANGEするため!

とはいえ、今のままではまだ何かが足りないんです。

今のままでは、主人公が齋藤のまま。それではメンターでもなんでもありません。
もう一手、何かが欲しいと思っていました。

 

まずはレターポットを始めてみた!

恩贈り、GIVE&GIVEのレターポットというものをご存知ですか?

僕自身、やや出遅れた感はありますが、初めてこの話を療法士活性化委員会の大塚さんから聞いた時、物凄く「臨床共育」とやりたい事が共通していると感じました。

人のご縁やつながりは信用面積であり、今の医療業界に足りないものではないでしょうか?

 

齋藤信のレターポット
https://letterpot.otogimachi.jp/users/21234

レターポットを始めたい方はこちらから登録
https://letterpot.otogimachi.jp/

 

まだまだ可能性があるはず!

1文字5円で言葉を贈ることに価値がある。
通貨という表現は正確ではありませんが、このレターポットは信用が数値化、可視化されているんです。

レターポット

受け取ったレターはそのまま誰かにレターを贈る事ができるので、恩贈りの連鎖が起きるんです。

この恩贈りをもっと活用できないか……

そこで思い至ったのが、NvendorTMというサービス。

概要はまた次回の配信に送りますが……面白くなりそうな予感。

何より、齋藤が主人公になるのではなく、投稿してくれた全員が主人公になれる。

そんなサービスにしていきたいと考えております。

お楽しみに!

 

齋藤信
臨床共育メンター®齋藤 信

 

追伸:管理職養成講座第2期生募集中!

使い方は違うけど、レターで決済できるようにしようかな……

管理職養成12回コース

管理職として一歩前に進みたいですか?

管理職養成12回コース

ABOUTこの記事をかいた人

Makoto Saito

作業療法塾塾長、臨床共育マネジメント主宰、IAIR副会長! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。臨床教育を共育にCHANGEするというビジョンのものと、療法士の育成に人生の全てを懸けている。 また、臨床共育メンター®養成として、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。