すぐやらない人は成功しない【目考!リハ科経営塾】(98)

From:IAIR副会長 齋藤 信

 

みなさんこんにちは。IAIR副会長齋藤信です。

 

先週は人生計画の話をしました。

若手の方なら、29歳までふらふら学び、30歳から少しずつ学ぶ内容を絞っていこう!と言いました。もちろん、学んで終わりにはなりません。

学んだことを実践して、初めて使える知識……知恵に変わります。

ということで、今日は「実践」についてお話ししましょう。

 

 

◆ 宿題をしてから遊ぶ?vs遊んでから宿題?

さて、あなたはどちら派でしょう?

  • 宿題をしてから遊ぶ
  • 遊んでから宿題

親からは「宿題をしてから遊びに行きなさい!」と何度言われたことか。でも実際に宿題をしてから遊びに出たことは、小学校6年間で何度あっただろう……と、数えられそうで怖いです。

ですが子供の頃なので、ある程度は仕方ないかな~と思いつつ。

やってどうなる?という目的やゴールが見えないまま勉強って大変ですし、脳科学的にもNG!

さて、ですがあくまで子供の頃なら、です。

改めて質問です。大人である今、あなたはどちら派でしょう?

 

◆ 宿題を先延ばしする人は成功できない?

さてさて、多くの方は遊んでから宿題……いわゆる先延ばしをしているのではないでしょうか?

残念なお知らせです。

そんなあなたは、成功しません!
(連続で読んでくださっているなら、ここで言う成功=目的の達成と思ってくださってOKです)

なぜって、すぐ実践しないと熱は冷めるわ、正確に思い出せないわ、やっても上手くいかないわで、やらない理由探しを始めちゃいますから。

ですが、先延ばしタイプ……と一括りにしてしまうのではあまりに芸がありませんし、枠に当てはめてしまうことにもなります。そこでもう少しだけ細分化してみようと思います。

 

◆ 先延ばしタイプのタイプ分け??

僕は先延ばしタイプの人には、いくつかタイプがあると考えています。

  • 完璧型
  • タスクオーバー型
  • 楽しみ優先型

名は体を表すように、この三つのタイプ名を見ただけでピンときますね。あなたも心当たりがあるのではないでしょうか?

ではそれぞれ解説しておきましょう。

完璧型

僕はおそらくこれにあたります。宿題を始める前に部屋の片付けを始めちゃった記憶がある方は仲間かもしれません。キチッとしたいので、諸々状況を整ってなかったり、情報不足があるうちは動きたくないんです。なので、準備しているうちに熱が冷めることがあります。

 

タスクオーバー型

やらなければならない事が多すぎて、てんやわんやになる方はこれです。全てを先送りしているわけではないのでしょうが、できるだろうという楽観主義なのか、自信の表れなのか、行動力を上回る量のやる事を引き受けてしまいます。山積みになった宿題を前にしただけでガッカリして諦めてしまう方はこれかもしれませんね。

 

楽しみ優先型

楽しみきって満足してから、嫌な事をする。でも満足感で満たされているので、つまらない事をするにはモチベーションが維持できず……ダラダラとやっては別な事を始め、そこそこできたらまた明日……そんな無計画な行動をしがちならこのタイプかもしれません。

もちろんこのタイプ以外にも色々あるでしょうが、今日はこの三つだけにしておきましょう。

 

◆ 各タイプの対処法はこれ!

ある程度自分のタイプが分かったところで、そろそろ対処法が知りたいところですよね。

正直に言えば「コレをやれば先延ばし癖を撲滅できる」という魔法の薬や魔法の杖のようなものって世の中には存在しません。一番はセルフイメージを変えてしまうのが最も長続きする最高の方法ですが、目先の対処法を紹介しておきましょう。

 

完璧型

基本的には情報不足で二の足を踏むタイプですから、後で調べて完璧にしようと思わず、学んでいるなかで質問したり、情報を集めるようにしましょう。行動するべき機会が分かっている人とも言えますので、行動を起こすチャンスまで先延ばししないよう気をつけるだけでOKです。時には無計画で行動することで起きるイレギュラーを楽しむ心を持つのもいいでしょう。もちろん大火傷する場で無計画はナンセンスですが。

 

タスクオーバー型

やらない事を決める勇気を持ち、目的に合わせて優先順位をつけましょう。なんでもかんでもやりたいという前向きな気持ちがある人なのですから、そのエネルギーを目的に集約した時のパワーは絶大ですよ。

 

楽しみ優先型

仕事がつまらないと思い込んでませんか? 仕事が一番エキサイティングで楽しいものになると、あなたは時間と労力をいとわず最大限にかけられるようになります。まずはあなたの人生の目的と今の仕事の共通点を見つけることでしょう。仕事をすることであなたの人生の目的……夢が実現できると思えるようになれば大丈夫。楽しみすぎてワーカーホリックに気をつけなきゃならなくなりますよ。

 

◆ 結局は……○○○○○ー○!

それぞれ対処法というか、先に口走ったセルフイメージの部分にも触れて話をしてしまいました。「目的」も「人生計画」も、すべてはあなた自身があなたをどう認識しているのか?がポイントになります。そう、あなたの脳内であなたがあなたにどんなイメージを持っているのでしょう。これがネガティブなものになれば、すべての行動はストップします。間違いなく全てが成功できない思考になってしまいます。脳は善悪関係なく情報を全て集積できるスーパーコンピューターです。善悪を判断するのは、あなた自身であり、蓄積された情報に振り回されてはいけません。今を見て、今のあなたをありのままに受け入れましょう。そして、全ての情報に対する解釈をポジティブに書き換えちゃいましょう!

 

【本日のまとめ】

「先延ばしタイプの対処法」

  • 完璧、タスクオーバー、楽しみの3タイプ。
  • 目的とセルフイメージを確認。
  • 脳の解釈をポジティブに書き換える。

 


IAIR 副会長 齋藤 信

 

 

追伸 1

本日、関東では作業療法士限定講義を開講中。
地方在住でなかなか参加できない方には、Eラーニングをオススメしています。

詳細 >>> http://otjyuku.net/post_lp/kokoroex 

 

 

追伸 2

今なら相談料無料中!
あなたのリハ科経営の悩みをメルマガでお答えします。
>>> https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UkDpwsUIRnM

 

◆ 教材一覧◆

予習講座 マインドマップ_速読術 

目標設定講座_入門編 マインドマップ_入門 

セルフマネジ01 セルフマネジ02

 

ABOUTこの記事をかいた人

Makoto Saito

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。臨床教育を共育にCHANGEするというビジョンのものと、療法士の育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。