2016年も残り半年!

From:齋藤 信

 

みなさん、こんにちは。

とうとう半年経っちゃいましたね。

実は先日、IAIR関東支部のイントラに向けて一つの宣言をしました。

「IAIR関東支部のスタッフがやりたいことを全て実現させる!」

もちろん、僕がしてあげるとかそういった意味ではありません。

 

全ては共育ですからね。

 

そう、この共育。

いろいろ考えていった結果、あとはもう、実践しかないんです。

共育って、テクニックではないんです。

確かに、ツールとしてのテクニックは必要ですが、人心掌握テクニックだの、リスペクトされる心理法則だのといったテクニックじゃないんです。

共育で必要な技は本当に少ない。

自分から見本を見せて、相手を信頼して、必要な支援をしていくこと。

 

そう、福島正伸先生の「メンタリングマネジメント」が今現在、最もしっくりくることだし、色々試行錯誤しながら、創っていった齋藤信という可能性を最大限に発揮できるのは、相手がいてこそだな、という実感からなんです。

 

だから、もう、ここまできたら、あとはやるだけ。

そして、今、一番身近なIAIR関東支部のイントラ、スタッフのやりたいことを実現するお手伝いをすることで、より多くの療法士が救われ、その療法士たちによって患者さんが救われ、救われた患者さんの家族が、地域が、ひいては日本という国全体が元気になっていくことにつながると信じることにしました。

 

IAIR関東支部のイントラたちの責任は僕が取る。
だから、色々なことを試してもらおうと腹を決めました。

「教育を共育にCHANGEだ!」

と言いだしたからには、まず自分がやってみせる。

 

これから半年間、色々な動きもあるでしょうからね。

僕の動きをみていてくださいね!

 

臨床共育メンター 齋藤 信

 

無料会員登録はコチラ
シルバー会員(無料)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Makoto Saito

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。臨床教育を共育にCHANGEするというビジョンのものと、療法士の育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。