潜龍元年

4677e8a9561e4425a25073694107520c_s あなたは【潜龍元年】という言葉をご存知ですか?

易を学ばれた方には馴染みのある言葉ですね。

易には、乾為天という卦があり、君子……今でいうリーダーを龍に例え、その成長をあらわした、物語になっています。

 

その最初の状態、【潜龍】は、志をたてるために、地の底に龍が居る状態をさします。

つまり、以前からお伝えしている目的が先と同義。

志がたたないうちは、表に出て活躍することはできない。

だから、「何をやるか?」を明確化する時期の事を表しています。

 

その元年。

 

今、あなたは療法士として働いているかと思います。

そんななか、職場に不満を持ったり、自分の能力を十分発揮できていない気がしているというなら、今こそ、【志】を新たに立て直す時期にいるのかもしれません。

 

2016年を飛躍の年にするためには、2015年のうちに潜龍を脱し、師を見つけ学び、量稽古をこなすなかで応用法を見つけ、飛躍するタイミングに備えておくべきだと思いませんか?

 

今回は、そのために再構築した、原理原則に基づいた目標達成メソッドになります。  

 

Q:易って占いなのではありませんか?怪しいです。
A:易は確かに占いとして有名ですが、正確には易経。論語で有名な孔子が完成させた帝王学の書です。  

 

Q:君子は占わずって、言いますよね。やっぱりそんなものを元にした目標設定法なんて無いと思います。
A:君子占わずの正確な意味は、「君子(王やリーダー)は占いをしない」ではなく、「易をマスターしたら、君子は占いをしなくても、未来がわかるようになる」ということです。易を学べば大過なし、という言葉もあります。物事の変化の兆しをシンプルな六つの段階で目標達成できるようお伝えしていきます。  

 

Q:そこまで言うなら、どんな人が学んで実践してきたんですか?
A:心理学者ユング、ジョセフマーフィー博士、安岡正篤。ドラッカーや渋沢栄一。吉田松陰など昔の方達にとっては常識とされた最高峰の学問です。これは噂ですが、オバマ大統領も学んだとされています。理由は易経は英名をThe Book of Changes(変化の書)だからです。    

 

このように、僕の学んできたことと馴染みの深い、ユングの最終到達地点であり、ドラッカーがマネジメントを構築する際に活用した原理原則がおさめられた書となっては、僕もまた原点回帰してマネジメントコンテンツを刷新していこうと思った次第です。  

 

ここで、あなたは自分は君子(王、リーダー)ではないし……と言い訳するのかもしれませんね。

でも、それは大きな間違いです。

あなたは、あなたという国の王であり、あなたの人生のリーダーなんです。

あなたが管理職に不満を言うように、あなたの人生はあなたという王の選択によって作られた国の歴史なんです。  

 

2015年もあと1月半。

2016年を飛躍の年にするために、今できることは何ですか?

間違いなく【志】をたてることです。

 

改めて、今年を潜龍元年とし、志を立てて、2016年に臨みましょう!    

 

臨床実習アドバイザー 齋藤信

  2016目標達成 詳細はこちら >>> http://saito-makoto.jp/goal2016/

申し込むならコチラ >>> https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uskbbk

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。臨床教育を共育にCHANGEするというビジョンのものと、療法士の育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。