イメージトレーニングをリハビリに活用していますか?
もっと効果的に、イメージを活用したリハビリを行いたくありませんか?

イメージ・フィードバック・セラピー™(IFT)習得講座

Eラーニング形式(約134分)

14,980円(税込)
↓↓↓↓↓↓
感謝セール 9,980円(税込)
10月31日23:59まで

 

あなたは、イメージをないがしろにしていませんか?

もし、これまでイメージをリハビリに活用していなかったとしたら、患者さんにとって大きな機会損失になっていたかもしれません。

なぜなら、イメージトレーニングを患者さんにさせるか否かで、リハビリの結果に差が現れるからです。

これまでイメージトレーニングと言えば、アスリートだけのもののように思っていたことでしょう。
そして、イメージが効果的であろうとは思っていても、リハビリの現場でどのように活用していいのかわからない。むしろ眉唾な気がして、明確な説明ができる気がしない……と思っていたことでしょう。

ですが、ハーバード大学のアルヴァロ・パスカル=レオーネらはイメージトレーニングによる効果を示す実験結果を1995年に報告しているのです。イメージトレーニングを行うことで、運動野の拡大が認められ、身体運動とイメージトレーニングを合わせた訓練を行うことがリハビリテーションにおいて有効であると言うのです。

改めて、このイメージを見直し、脳内で起きているイメージ・フィードバックシステムをリハビリテーションで活用するための方法を習得しましょう。

更に今回は、マインドフルネスなどイマジネーションを活用したセルフコンディショニング、許しと癒しのセッションを行うシナリオを公開します。

イメージ・フィードバックを活用し、あなたのリハビリテーションの効果を底上げしましょう!

 

この講義で手に入るもの

  • 脳のイメージ・フィードバックシステムのロジックを習得します。
  • あなたの作業療法の効果を底上げするイメージトレーニングの方法を習得します。
  • マインドフルネス等イマジネーションを活用した作業療法セッションが手に入ります。
  • 許しと癒しのワークシナリオが手に入ります。

 

講義内容

1:イメージとは何か?
 ・そもそもイメージとは?
 ・人間の言語とイメージの関係。

2:運動とイメージの関係
 
・脳内イメージと運動の関係。
 ・イメージは過去?タイムラグの理由。
 ・イメージ・五感・動作。
 ・視覚が重要な理由。

3:イメージの活用
 ・イメージを活用しているリハ。
 ・活用事例。
 ・活用の足がかりとして。

4:イメージとイマジネーション
 ・二つの違いは何か?
 ・イメージは過去。
 ・イマジネーションは○○?

5:内部システムを活用する
 ・IFTの根幹。内部システム。
 ・脳へのフィードバック。
 ・タイムラグとリハビリ。

6:対象認知との関連
 ・空間認知に見る人格と視点。
 ・イメージが人の認知をつくる。
 ・患者評価と対象認知。

7:イマジネーションの活用
 ・イマジネーションは何をもたらすか?
 ・なぜ今瞑想なのか?
 ・瞑想とイマジネーションの関係。
 ・瞑想三段活用。

8:瞑想の活用
 ・マインドフルネスの効用。
 ・なぜマインドフルネスか?
 ・実演と誘導。

9:許しと癒しのセッション
 ・許しのセッションで院内研修改革。
 ・癒しのセッションでセルフケア。
 ・実演とポイント。

10:i+→R=GCGL
 ・新成果の公式。
 ・選択がもたらす生活。

講師

主宰齋藤信齋藤 信(さいとう まこと)作業療法士
臨床共育マネジメント主宰
作業療法塾主宰、IAIR 副会長、協会理事

精神科で13年経験の後、国際統合リハビリテーション協会を同志達と設立。教育団体の主要メンバーとして起業する。脳と学習のメカニズムに基づいた作業療法手法を講義に取り入れ、年間1000人以上の療法士に教鞭を振るう。

 

申込

  • イメージ・フィードバック・セラピー™(IFT)習得講座
  • Eラーニング形式(約134分)
  • 14,980円(税込)→ 感謝セール 9,980円(税込)10月31日23:59まで

 

あなたにとって、イメージは切っても切り離せない大切なものです。ですが、それを活用しないままではもったいないのです。この内容を知って作業療法をするのと、知らずに作業療法をするのでは、結果に与える影響が、また理論的背景、患者さんへの説明が180度変わります。