目的からリハ科経営を考えるとどうなる?【目考!リハ科経営塾】(95)

From:IAIR副会長 齋藤 信

 

みなさんこんにちは。
IAIR-GM改め、IAIR副会長齋藤信です。
今後ともよろしくお願い致します。

ご挨拶 >>> http://iairjapan.jp/archives/3028 

 

 

さて、副会長になってから初めての目考!リハ科経営塾ですが……
これまで94回も書いてきているのですね。

リハ科経営を目的から考えるとどう変わるのか、をテーマにずっと書いてきましたが、皆さんの周り……特に上司やリハ科経営に携わる主任クラス、現場リーダーの人たちの意識って、少しは変化しましたか?

 

おそらく、そんなに大きな変化は起きていないのでしょうね。

 

ここ数回のなかで話題にもしましたが、人を変えようとしないで自分が変わる。
その姿を見た周囲が変わる……ので、時間がかかります。

 

インスタントにどうにかしようとすれば、その分インスタントに人も離れていきます。

ある意味……どころか、僕は確実にイバラの道を提案しています。
ですが、「目的」、「志」を中心に考えたリハ科経営を提案することで、西洋型の成果主義の失敗や、患者様=お客様として依存心とクレーマーを増加させた失敗から、立ち直ることができます。

 

改めて、そんな「目的からリハ科経営を考える」が常識になるという提案をしていきます。

 

 

◆ なぜ目的から始まるのか?

改めて、なぜ目的から考えるのかと言えば、組織が向かうべき未来の方向を指し示すものであり、その為の行動や手段を明確にする事ができるからです。

目的が共有されていない組織は、個々人が色々な未来を夢見てしまい、バラバラの方向に進もうとします。

結果として、当初それぞれがイメージしていた到達地点にたどり着けない、またはたどり着けそうにないと思い、組織を自分の都合の良い方向に誘導しようとするか、その組織から抜ける、あるいは面従腹背で獅子身中の虫になっていきます。

ではなく「この目的に向かっていきます、目指したい人集まれ!」という発信を明確にできることで、共に働けるかどうか、一緒に目的に向かうことができるかどうかがよりはっきりしてくるのです。

 

◆ 目的が共有されれば上下関係はなくなる?!

目的共有のもう一つの効果は、上下関係なく意見交換ができる組織風土が出来上がります。

ただし勘違いして欲しくないのは、責任者の所在を明確にする為の上下関係はしっかり残します。

上下関係ではなく責任関係という言い方がいいのでしょうね。

目的の為に、という名目でトップダウンの強要もいけませんし、逆に経験のある人の意見を蔑ろにするのもよくありません。
自らの立場に対する責任を持って、相手をリスペクトして関わる姿勢を相互に持ち合う。

それがここでいう責任です。

もちろん、部長課長という責任者としても意思決定者としての立場も同時にあってのことです。つまり「分けて考えること」がポイントになりますね。

 

◆ 分けて考えるとどうなる?

全て一緒くたにしてきたのがこれまでの考え方です。立場も、権限も、考えも。
しかも、自分の能力やできる事以外にも口出ししてしまうことで、場が混乱を極めます。
現場の声と管理職の声を分けて、でもつなぎ、統合する。
統合する時の指針になるのが「目的」なんです。

 

◆ じゃあ、結局目的はどう設定するの?

これは、その組織を作った人がその組織を使って何を実現したいのかによります。
病院なら院長や理事長がその病院という組織を使って何を実現したいのか?
理念などで毎年度4月に確認しているものがそれです。

IAIRで言えば「ひとに求められるセラピストの育成」、「統合医療の推進」がそうです。
もちろん、それらが実現することで「セラピストの活躍できる世界」が広がっていくのが目的になります。

それを、恐れず、実現したいと明確にイメージしたひとが前に立ち、後に続くひとたちを牽引する為に、それを発信し続ける。

結局は、一人のひとの想いから始まります。
それがネガティブな体験であれ、感動体験であれ、未来をこう変えたいと思うひとの行動から始まります。

もしあなたが院長クラスではなく、部長課長クラスであれば、院長の想い=理念を理解し、それをベースにリハ科の目的を考えていきましょう。

 

 

と、いうことで……
そろそろ長くなってきたので今日はここまで。
100回目までに、これまでお伝えしてきた94回分のまとめをしていけたらと思います。

100回までガッチリおつきあいくださいませ!

 

【本日のまとめ】

「目的からリハ科経営を考えるとどうなる?」

  • 目的が共有されれば上下関係はなくなる。
  • 物事を分けて考える。
  • 体験を目的に変える。

 

臨床共育メンターTM齋藤信
IAIR 副会長 齋藤 信

 

 

追伸

 

実は今回のような脳科学を作業療法に組み込む方法をEラーニングコースとしてリリースしました。第二回学会終了まで先行割引実施中!

詳細 >>> http://otjyuku.net/post_lp/kokoroex 

 

追伸

今なら相談料無料中!あなたのリハ科経営の悩みをメルマガでお答えします。

>>> https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UkDpwsUIRnM

 

 

◆ 教材一覧◆

予習講座 マインドマップ_速読術 

目標設定講座_入門編 マインドマップ_入門 

セルフマネジ01 セルフマネジ02

 

 

無料会員登録はコチラ
シルバー会員(無料)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Makoto Saito

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。臨床教育を共育にCHANGEするというビジョンのものと、療法士の育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。