個性

shutterstock_137403869今やナンバーワンではなく、オンリーワンの時代。

自分を信じ、自分の人生を生きる。

そんな生き方ができる時代になってきた。

誰もが個性を尊重してほしい。

誰もが個性を発揮したい。

誰もが誰でもない自分自身でありたい。

そう願う。

でも、それは苦い種を隠した甘美な果実。

その人らしく生きる?

自分の人生を生きる?

それこそが個性?

自分の個性に気づいている人は幸せだ。

自分自身の個性が何であるか、多くの人は気づいていない。

だって、個性に気づいている人は、例外なく型からはみ出ることで、それに気づいたのだから。

個性と言う名の、それはそれは尊い、犯されざる花。

でもね、自分の本当の価値に気がつくには、自分をあえて型に嵌めなきゃワカラナイ。

個性という甘美な果実に安易に手を出すな。

本当の個性、本当の自分の価値に、誰より早く気づきたいなら、型をまず学ぶことだ。

 

齋藤信

 

追伸

型を学ぶ一つの方法が、マネジメントを学ぶこと。
自己分析してみることをお勧めする >>> http://saito-makoto.jp/elearning/selfma01/

 

 

無料会員登録はコチラ
[swpm_registration_form]

ABOUTこの記事をかいた人

Makoto Saito

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。臨床教育を共育にCHANGEするというビジョンのものと、療法士の育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。