成功の方程式

迷路

先日、セラピストの成功について考えていたところ、ある方程式をみつけた。

成功の方程式だ。

『成功=勘×度胸×運+戦略』

これだ。

ふふ……

まさか、僕から「勘」と「度胸」が出てくるとはね。

僕が作業療法学生虎の巻を出した頃は、これからのセラピストが頼ってはイケナイものとして、「勘」と「経験」と「度胸」をあげていた。

母校の卒後研修発表会でそんな内容を登壇して話したら、サラッと教官に反撃されたのはいい思い出。

もちろん、今でも間違ったことは言っていないという自負がある。

当時は、医療事故が報道され、リスクマネジメントに対してシビアな目が向けられていた。

「勘」=思い込み仕事。

「経験」=過去の事例への固執。

「度胸」=その場で反応的に対処する無策。

そう、リスクマネジメントの観点から、イカンと言っていた。

今回はまた意味が変わってくる。

成功には、「勘」、「度胸」、「運」、「戦略」がポイントになる。

「勘」=過去の事例からでは得られない、直観力。

「度胸」=一歩踏み出す勇気。

「運」=全てを180度逆転させる力を持つ外的要因。

「戦略」=前三つ全てが水泡に帰してもリカバリーできる事前準備。

気づいたかな?

「勘」、「度胸」、「運」は掛け算だけど、「戦略」は足し算だってことに。

世の中には、ビギナーズラックなんて言葉もあるように、最初にイケると思って、度胸試しをすれば、大体はうまくいく。

でも、なぜか最初だけ。

そこで天狗になるからなのか、こんなものかと油断するからなのかはなんともいえない。

とにかく、最初は上手くいくものさ。

成功し続けている人の傾向をみれば、途中から戦略的思考になっている。

成功するための努力を惜しまなくなる。

宝くじに大当たり! とか、万馬券を当てに行くことなどしない。

小さな成功を積み重ねるようになる。

学び、考え、準備を怠らない。

だから、勘も働くし、度胸の出しどころがわかる。

そこまで真摯に頑張る奴を天が味方しないわけがない。

天は気まぐれだから、簡単に盆をひっくり返す。

でも、準備しているから、リカバリー不能な大失敗にはならない。

さて、ここでもう一度、見てほしい。

『成功=勘×度胸×運+戦略』

これが、成功の方程式だ。

 

齋藤 信

 

追伸

信じられないなら、自分の過去の成功体験を当てはめてみるといい。

当てはめても信じられないなら、信じなきゃいい。

きっと、成功の方程式は一つじゃないんだろうから。

自分の持つ成功の方程式を信じればいい。

誰に遠慮をする必要も、議論を交わす必要もないことだよ。

 

無料会員登録はコチラ
シルバー会員(無料)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Makoto Saito

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。臨床教育を共育にCHANGEするというビジョンのものと、療法士の育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。