マインドマップ会議術

マインドマップ(R)を会議で活用する方法を、実際に実演してもらいながら行った、セミナーライブ動画です。

会議やミーティングで

意見がまったくまとまらないと

お悩みのあなたへ

あなたはこの数字が何を表すかご存知ですか?

《62.2》

この数字は、あるアンケートにて病院施設が無駄な会議をなくす工夫をしていないと回答した数字です。
実に62%の病院施設が無駄を放置しているんです。
ですが、仕方ありません。そもそも、会議をすることに、義務以上の価値を感じていないのですから。

入院基本料に含まれた委員会の会議が中心であり、それはただの義務であり、何かを改善したり、より良くするというよりは、定例で集まり、会議をしたという事実のみを書面化し、監査対策として行っているのですから、会議そのものに何も期待しない人達が集まっているんです。

ですが、僕の話を黙ってきいているあなたは、違います。

きっと、こんなことを期待しているのではありませんか?   

  • ・目標を明確にして共有したい
  • ・情報交換や共有をしたい
  • ・新しいアイデアを得たい
  • ・お互いの連携を強めたい

おめでとうございます。

あなたは、リーダーや管理職になる素質を持っています。

加えて言うなら、25歳以上なら素質満点。

きっとあなたは、有意義な会議にしようと努力を始めている事でしょう。

 

データによると、25歳を境に、無意味に感じる会議に参加している時の対応が変わってきます。
25歳より前なら、若さ故に《おかしい》と正論を言っていますが、25歳を境に《最後まで我慢》するようになってしまうのです。

そう、一般職で終わり、しかも口だけ変えたいという努力しない人は、《抵抗しても仕方ない》と洗脳されてしまった人達です。
ある意味、病院施設の風土の犠牲者です。

 

ですが、あなたは違います。

おそらく、25歳を過ぎて《おかしい》と言い続けているなら、30歳を過ぎたとき《自分で努力してどうにかしてやる》に急上昇するはずです。
あなたが30歳以上なら、心当たりあるのではありませんか?

 

実は僕も同じ体験をしてきたんです。
口だけの一般職が混ざって行う委員会をどうにか良い方向に変えたいと、 あれこれ努力してきました。
試しては一般職に批判され、試しては変化が嫌な職員に足を引っ張られ。
でも、ようやく会議のコツがつかめたんです。

しかも、マインドマップ(R)を取り入れる事で、更に会議は踊るという言葉通り、
あなたが求めてやまなかった活発で有意義な会議を行えるようになったんです。

 

今回は、その会議のコツとマインドマップを用いた実践会議術を行います。
このテクニックを取り入れ、憂鬱な会議から脱出しましょう!

 

 

◆このライブ動画を視聴して学べる事

無意味な会議をなくせます。
└ 会議が無意味になる理由を回避し、有意義な会議に変えます。 発言できないがなくなります。
└ 会議で決まった人しか話さないという失敗をなくします。 活発な意見交換が出来るようになります。
└意見が活発に出ないのはルールができていないから。ルール化で活発化! 決めた事が次回まで実践されないをなくします。
└ 決めた事を実践する所まで決める方法をお伝えします。 実際に会議をおこなって実践。
└ 実際に行うことで、学んだ事を身に付け、現場で使えるようにします。 マインドマップ(R)を会議に使えるようになります。 └ 会議の場面でどのようにマインドマップを活用するかをお伝えします。

 

◆講義内容

・会議の運営方法
・会議の準備編
・会議のルール編
・根回し前準備編
・決定事項を実践するために
・マインドマップ会議法
・会議の実践ワーク

 

収録時間 : 220分
収録内容 : 8月2日(土)マインドマップ会議術講座
テキスト : 講義スライド、ワークシート(PDFダウンロード)
受講特典 : i-MMT認定講師養成講座受講権利(パーフェクト会員のみ)

教材の紹介

 

 

購入はコチラ

b03

 

 2980円

 

購入後のログインはコチラ

i-MMTパーフェクト会員ログイン 一般受講者ログイン

 

 

無料会員登録はコチラ
シルバー会員(無料)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Makoto Saito

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。臨床教育を共育にCHANGEするというビジョンのものと、療法士の育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。